『乾癬の治療をステロイド薬で、ただひたすら耐えるのはやめてください。』

乾癬は、欧米では発症人数の多い慢性皮膚疾患となりますが、 日本でも、年々アトピー性皮膚炎同様に増加傾向にあります。
実際に現在、乾癬にかかっている方は10数万人以上で、乾癬で苦しんでいる方達が世界中に1億2500万人もいると言われています。 悩み

一度発症するとなかなか完治しずらく、
「鏡で自分を見るたび、自己嫌悪に陥る」
「フケの様な皮が、ポロポロ落ちて恥ずかしい」
「毎晩グッスリ眠れない程の、痒みに襲われる」
「触れると伝染する病気なのではないかと誤解されるし、周りの人の視線が恐い」
「周囲からの視線に、いつもビクビクしてしまう」

 
という様な、辛い深刻な悩みを抱えていらっしゃいます。


なのになぜ、乾癬の治療、研究が進まないのでしょうか。

乾癬は、尋常性乾癬、膿疱性乾癬、魚鱗症などいくつかの種類に分類されていますが、
共通して言えることは、次の3つです。

1、死なない。
2、伝染しない。
3、遺伝しない。・・・・

悪化すると死に至る危険性があり、遺伝する病気や、伝染力の強い病気は緊急性があると判断され、
研究費も潤沢に割り当てられますし、多くの医者や学者がこぞって研究を進めます。

ですが、その条件に当てはまらない場合や、患者の人数がそれ程多くない場合は、実際問題あまり研究が進まないのが現実です。

とんでもない、乾癬患者は毎日、死と同等の苦しみと闘っているのです。
乾癬では死なないけれど、心が死んでしまいます。


乾癬を苦にして死を考える患者は決して少なくないのです。
乾癬によって、その人が本来歩むべき人生とは全く違う、
辛く、苦しく、孤独な生活を送っている人が非常に多いのです。


私の妻はリウマチで両膝、人工関節です。手足の変形もすごいです。30年病んでます。
リウマチも最近こそリウマチ科が出来ましたが、昔は神経痛の類で年配の方の病気と思われていました。(今もそうかもしれません。温泉の効能書きにリウマチとあると頭に来ます。)
リウマチは遺伝の要素があると思います。そのリウマチでさえやっと研究が進み出したところです。
 
乾癬も研究治療が進むことを願っています。
 
これまで医者に相談しても、「薬で抑えるしかない・・・」という声ばかりで、なかなか対策が見付けにくかった乾癬ですが、それを、根本的に解決するための方法があります
乾癬の様々な悩み、実は正しいやり方、ある方法を知れば、乾癬は治療・解消することが出来るのです。
もしあなたが、ご自分の乾癬を解消したいと強く望んでいるのでしたら、下のサイトはきっとお役に立てると思います。
三戒堂 水宝先生による「テアテマンドール」という乾癬解消技術です。


乾癬は病気じゃないんだ
↓       ↓

【無料メール講座】
1.乾癬は不治の病ではなくなった  2.ステロイドで乾癬を治療出来ない理由  3.乾癬の本当の原因  4.乾癬を改善する方法
5.あなたの乾癬も治る理由

【乾癬が治癒した先に待っているもの】
乾癬が治癒した先に待っているもの